まつげエクステの商材とは

少し前に「愛はお金で買える」という言葉が波紋を呼びました。
最近の日本を見ていて言えるのは、キレイはお金で買えるということです。

男性としては、当然キレイな女性を好きになるので、結果的には愛情もお金で動くと言えるのかもしれません。

最近では、美容整形、プチ整形に加えて、エステサロン、ダイエットなど、女性がお金と時間をかければ驚くような効果を生むものがあります。

これらの方法は、若い女性にだけ有効なわけではなく、ある程度の年齢の人にも効果があります。

その一つに、若者の間でまつエクと呼ばれている、まつげエクステがあります。

まつげエクステとは、人工のまつげをグルーと呼ばれる特殊な接着剤を使って、本来の自分のまつげにくっつける技術のことです。

しかし、まつげエクステは非常に緻密な作業のため、自分で行うことはできません。

具体的にどんな方法をとるのかというと、本来の自分のまつげ1本に対して人工のまつげ1本をくっつけて、片目だけでも数十本、両目合わせると100本以上の人工まつげをくっつけることになるので、市販されているつけまつげのように簡単に自分で付けることはできません。

日本では美容師の資格を持つ人が、アイデザイナーと呼ばれていて、まつげエクステを行うことができ、彼らは人工まつげの商材にもよく熟達していて、その人にあった色や形のものを選ぶことができます。

こうした人工まつげの商材は、主に中国や韓国で作られ日本に輸入されています。